吉凶方位の種類

万人に共通の凶方位

五黄殺

五黄土星が回座している方位を「五黄殺」(ごおうさつ)といいます。
五黄土星は別名「帝王の星」とも呼ばれており非常に大きな力を持っています。この五黄土星には「全てを土に返す」つまり「腐敗させる」という強い働きがあり、五黄土星の方位を犯すと、強い災いや長期にわたる災いがおこります。
この方位へ行動は自ら災いを招いてしまう結果となるため、どのような理由であっても避けるべき方位です。

暗剣殺

五黄殺と共に2大凶方位と呼ばれます。
五黄土星が回座している方位の反対側にある方位で、「暗剣殺」(あんけんさつ)といいます。
読んで字のごとく、暗闇から突然剣で切りつけられるような予期せぬ災いが降り掛かってきます。自らの過失によって災いが起こるというよりは、突発的な病気や事故といった防ぎようのないトラブルに見舞われます。
五黄殺と同様に、絶対に避けるべき方位として覚えておくべき方位です。

歳破・月破・日破・時破

年盤~時盤において、十二支の位置と反対側の方位です。
「破」は破壊や破れるという言葉を連想するように、十二支のもつエネルギーが、反対側から漏れ出してしまうようなイメージです。
この方位を犯すことで、これまで積み重ねてきたものが崩れてしまったり、体調を壊すなどの災いがおこります。
年盤では「歳破」(さいは)、月盤では「月破」(げっぱ)、日盤では「日破」(にっぱ)、時盤では「時破」(じは)といいます。

定位対冲

方位盤上の九星が、本来の定位置(後天定位盤上の位置)とちょうど反対側に回座している方位で、「定位対冲」(じょういたいちゅう)といいます。
一白水星を例に考えてみましょう。一白水星の定位置は北です。北のちょうど反対側といえば南になります。
つまり、一白水星が南に回座している方位盤では、南方位が定位対冲となります。
定位対冲の扱いについては流派によって様々な解釈があるようです。八雲院では、万全を期するという意味でも掲載するようにしています。

個人の九星による凶方位

本命殺

自分の本命星が回座する方位を「本命殺」(ほんめいさつ)といいます。
特に身体に関わる災いが起こりやすい凶方位です。
突然の体調不良や怪我、持病の悪化などに注意が必要です。

本命的殺

自分の本命星が回座する方位と反対側の方位を「本命的殺」(ほんめいてきさつ)といいます。
特に精神に関わる災いが起こりやすい凶方位です。
悩みやストレスにより精神的に疲弊し、身体にも影響が出ることがあります。

月命殺

自分の月命星が回座する方位を「月命殺」(げつめいさつ)といいます。
本命殺ほどの凶作用はありませんが、注意すべき方位です。
本命殺と同様に、身体への災いが起こりやすい凶方位です。

月命的殺

自分の月命星が回座する方位と反対側の方位を「月命的殺」(げつめいてきさつ)といいます。
本命的殺ほどの凶作用はありませんが、注意すべき方位です。
本命的殺と同様に、精神に関わる災いが起こりやすい凶方位です。

子供に作用する凶方位

小児殺

子供にのみ影響する凶方位で「小児殺」(しょうにさつ)といい、月盤のみに存在します。
この方位を犯すことで、突発的な病気や事故などの災いが起こります。
八雲院では12歳以下の子供の月盤に小児殺方位を記します。

吉方位

最大吉方

本命星と月命星に共通して相性の良い九星の方位が、最大吉方となります。
九星同士の相性の良し悪しは、五行の考えに基づいて導くことができます。
ただし、最大吉方の方位に上記の凶方位のいずれかが重なった場合は、吉作用は無くなり凶方位が優先されます。

吉方

本命星と相性の良い九星の方位が、吉方となります。
最大吉方と同様に凶方位のいずれかが重なった場合は、吉作用が無くなり凶方位が優先されます。

参考例

以下の方位盤を例に、吉凶方位の見方を確認しましょう。

本命的殺 暗剣殺
定位対冲
最大吉方 吉方
五黄殺
小児殺
西
吉凶なし
北東 五黄殺、小児殺
最大吉方
南東 本命的殺
吉凶なし
南西 暗剣殺、定位対冲
西 吉方
北西 月破、本命殺