方位盤について

方位盤の種類と役割

九星気学の重要な要素に方位盤があります。方位盤は8つの方位を指しており、各方位にはそれぞれ九星が配置されます。九星気学において方位の吉凶を判断する重要な役割があります。
方位盤の種類は「後天定位盤」「年盤」「月盤」「日盤」「時盤」の5つです。後天定位盤は九星の定位置を表し、年盤~時盤はそれぞれ1年、1ヶ月、1日、2時間ごとに九星の位置が入れ替わります。盤上の九星の配置や個人の本命星・月命星によって、方位の吉凶を知ることができます。
九星気学の方位盤は基本的に下側が北、上側が南となっているので、方位盤を見る際は注意が必要です。八雲院ではその点も考慮し、方位盤の表示を南北反転するオリジナル機能を設けていますので、ぜひご活用ください。

後天定位盤

「こうてんじょういばん」と読みます。九星の定位置を定めた方位盤で、九星気学において最も基本となる方位盤の配置です。漢数字の一~九がそれぞれの九星を表しています。方位盤の中央部分(後天定位盤で五黄土星の部分)は中宮(ちゅうぐう)と呼ばれます。

後天定位盤
西

年盤

その年の九星を方位盤の中央に配置します。2018年は九紫火星の年なので、九紫火星が方位盤の中央に配置されます。このように九星が方位盤の上を移動して特定の配置に収まることを回座(かいざ)と言います。2018年の例では「九紫火星が中宮に回座する」と言います。

2018年の年版
西

月盤

その月の九星を方位盤の中央に配置します。2018年2月は五黄土星の月なので、五黄土星が中宮に回座します。

2018年2月の月版
西

日盤

その日の九星を方位盤の中央に配置します。2018年2月4日は一白水星の日なので、一白水星が中宮に回座します。

2018年2月4日の日版
西

時盤

その時間の九星を方位盤の中央に配置します。2018年2月4日10時は六白金星の時刻なので、六白金星が中宮に回座します。

2018年2月4日10時の時版
西

八卦

「はっけ」と読みます。易における自然を表す8つの要素を表したものです。それぞれの要素には方位が当てられており、九星気学の方位盤上でも位置が決まっています。なお、方位を持たない中宮には八卦はありません。

方位と八卦の関係

方位 名称 読み
かん
北東 ごん
しん
南東 そん
南西 こん
西
北西 けん
八卦の配置
西