吉凶の距離と期間

方位と距離の関係

「吉凶は動より生ず」という言葉があります。「良いことも悪いことも行動を起こすことによって生じる」という意味です。
行動を起こすとは実際に特定の方位へ移動するということですが、このことを「方位を取る」と言います。
行動して良い結果が現れたら良い方位を取ったということであり、得られた良い結果のことを「方徳」と言います。反対に悪い結果が現れたら悪い方位を取ったということであり、これを「方災」と言います。
悪い方位を避け、良い方位を取って方徳を得ることが九星気学の目的ですが、それには「できるだけ遠くへ行き、その場所で長時間過ごす」ことで高い効果が期待できます。

方位盤と吉凶方位の関係

方位盤(年盤、月盤、日盤、時盤)と距離・時間の関係については以下の関係があります。

年盤の影響があるもの

  •  3泊4日以上の国内旅行
  •  500km以上の旅行
  •  海外旅行
  •  引越し

月盤の影響があるもの

  •  1泊2日~2泊3日程度の国内旅行
  •  200kmから500kmの国内旅行
  •  500km以上の国内日帰り旅行

日盤の影響があるもの

  •  20kmから200kmの国内日帰り旅行
  •  日常的な行動(買い物、散歩、通院など)

時盤の影響があるもの

  •   6kmから20Km程度の範囲での行動

上記にあてはまらない、短距離でも滞在期間が長い場合や、長距離でも滞在期間が短い場合は、どの方位盤を用いるべきでしょうか?
そのような場合は、滞在期間の長い方、移動距離の長い方を優先します。
例えば、20km程度でも2泊する場合は月盤を、日帰りでも500km以上の場合は年盤を重視します。

吉凶効果の持続期間

吉凶の効果が続く期間は方位盤ごとに以下の表のようになります。

方位盤 持続期間
年盤 60年
月盤 60ヶ月
日盤 60日
時盤 120時間

ただし、吉凶効果は上記期間中に継続して現れるのではなく、現れやすいタイミングがあります。そのタイミングは「1、4、7、10、13 の法則」と言われ、それぞれ以下のようになります。

  • 年盤:
    当年、4年後、7年後、10年後、13年後
  • 月盤:
    当月、4ヵ月後、7ヵ月後、10ヵ月後、13ヵ月後
  • 日盤:
    当日、4日後、7日後、10日後、13日後